手元に入ってくるお金を多くしたい!クレジットカード現金化をする時に換金率を高くする方法は?

現金化と換金率
クレジットカードのショッピング枠の残高が残っていると、お金が必要になった時に業者を利用すれば現金化をする事が出来ます。

ネットで申し込みをして指定の口座に振込をしてくれるので、すごく便利で最近では資金調達の方法としても浸透してきています。しかし換金率が低くなってしまうと手元に入ってくるお金も少なくなってしまうので、注意しなければいけません。

そこでクレジットカード現金化をする時にどのような方法で換金率を高くする事が出来るのか見ていく事にしましょう。

業者と交渉をする

クレジットカード現金化する時の換金率は変動する事が多いので、今まで高かったのに急に低くなっているという事もよくあります。

それで換金率が低くなっている時にクレジットカード現金化をして手元に入ってくるお金が少なくなってしまうケースも出てきてしまいます。

そのような時は低い換金率では交渉する事が出来ないと伝えると、業者側から譲歩してきて換金率を高くしてもらえる事もあります。

しかし交渉する時に態度が悪かったりすると応じてくれない場合もあるので紳士的な態度で交渉するようにしましょう。

優良業者に依頼する

クレジットカード現金化する時の換金率は一般的に85%ぐらいが相場と言われているので、換金率が90%以上になっている業者は優良と判断する事が出来ます。

換金率を高くしたい時は90%以上になっている優良業者に依頼するのも一つの方法です。しかしホームページなどでは誇大広告を掲載していて実質は換金率が低いという事もあるので、選ぶ時には注意する必要があります。

基本的には業者のホームページを確認しますが、ネットの口コミなども参考にして総合的に判断して選ぶようにしましょう。

クレジットカード現金化をする時に換金率が少しでも高く設定されていると、手元に入ってくるお金も多くなります。

手元に入ってくるお金が多くなると欲しい物を購入する事も出来るようになりますし美味しい食べ物も食べられるようになります。

このような方法で換金率を高くする事が出来るので、クレジットカード現金化をする時に実践してみるといいでしょう。

初心者におすすめ、はじめての「仮想通貨」

最近、何かと話題を集めている仮想通貨。特に世間の話題を集めているのが、仮想通貨の流出が起こってしまったことですね。

今回の件で、仮想通貨に対してはデメリットばかりがフューチャーされてしまった印象もありますが、仮想通貨は、これからまだまだ成長をとげていくものです。

はじめに、仮想通貨について、まだよく知らない方の為に簡単に説明しましょう。

仮想通貨は、第三の革命と言われているほど、世の中の中で画期的なものになり、我々の生活の中に深く関わってくる存在となります。

コンピューターの登場、次いでインターネットの登場、そして仮想通貨の登場となります。コンピューターとインターネットが存在しなければ、仮想通貨の誕生もありえません。

仮想通貨は、新時代の通貨革命と言われています。そもそも、通貨というものは、円やドルなどは、発行している、その国々によってお金としての価値が保証されています。

しかし仮想通貨に関しては、国境という概念すらない、全く新しい通貨としての価値をもたらしています。

先取りの投資家たちの間で、その価値が認められると仮想通貨の価格自体も上がっていきました。

実際昨年(2017年)4月に約10万円だったものが、12月には200万円を突破しました。なんと昨年の上昇率が20倍となります。

仮想通貨は、相変わらず相場変動が激しく暴騰することもあれば暴落することもありますので、初心者ではなかなか手が出しにくい投資ではありますが、そんな激しい流れの中でも確実にその価値をあげています。これからまだまだの上昇と発展を見せていくでしょう。

仮想通貨の種類は、現在1,500種類以上が存在します。この中には、メジャーなものからまだよく知られていないマイナーなものまで、様々なものがあります。

そして、種類自体はまだまだこれからも増えていくでしょう。約1年前は700種類でしたから、その倍以上が増えたことになります。

今後も、その勢いは続きます。

仮想通貨を始めるなら複数の取引所に資産を分散しておくことが大切です

日本国内で仮想通貨の取引所が増えてきましたが、全部が金融庁に認可されているというわけではなく一部の取引所では、みなし業者という形で経営を続けています。みなし業者で有名なのがコインチェックです。

2017年に新規で登録してきた取引業者が多い中、コインチェックだけはなかなか認可されませんでした。理由は匿名通貨を扱っているからです。

匿名通貨というのは仮想通貨の「Monero」や「DASH」などの犯罪に使われやすい通貨で、透明性がなくマネーロンダリングに使われやすい特徴のある通貨のことを指します。

こうした通貨を金融庁が仮想通貨の認可を始める前から扱っていたので、みなし業者扱いになっていました。しかし盗難に遭ったのは「ネム」でした。

仮想通貨のセキュリティーに問題があったというわけではなく、取引所そのものの体質に問題がありました。

本来であれば仮想通貨はオフラインで厳重に保管しなければならないはずが、オンラインでいつでも接続できる状態になっていたのです。

オフラインで秘密鍵を保管しておくことをコールドウォレットといいますが、コインチェックはビットコインのみをコールドウォレットにして、他の仮想通貨はオンラインで常時接続できるホットウォレットにしていました。

他の取引所は100%コールドウォレットにしてる所が多い中、コインチェックだけはアルトコインをホットウォレットにしていたので盗難事件に遭ってしまっています。

仮想通貨はハッカーの被害に遭いやすいから危ないと言われますが、今までの盗難事件はほとんどが取引所の管理体制が問題です。

2018年1月現在、金融庁から認可されている業者が16,みなし業者として扱われているのも16あります。

合わせて32の取引所で仮想通貨の売買が行われていますが、金融庁が認可した業者にすれば被害に遭う可能性は低くなります。

今後は万が一のときに備えて、お金を預けるときに1つだけの取引所にするのではなく、複数の取引所に分散しておくことが大切です。