UQモバイルの強みは通信速度にあり

UQモバイルの強みは通信速度
格安SIMに切り替えるときに気になるのが、ネットの通信速度。ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリア各社の通信速度に比べると、格安SIMのスマホの通信速度は遅く、また安定性がないことは事実です。

ネットを多く使うユーザーの方にとっては、通信速度に不安を抱える格安SIMへの変更に二の足を踏む原因になりますよね。そこで追加情報なのですが、格安SIM各社の中にも通信速度には優劣があります。

その中で、比較的速さと安定性を両立しているのが、UQモバイルになります。その根拠となる理由は、格安SIMの通信回線の仕組みにあります。

格安SIM各社は通信回線を独自で持たず、ドコモなどの大手キャリア各社の通信回線を借りてサービスを提供しているのです。

独自に回線を持たないことで回線の設備投資や維持費が不要、それが料金の安さに繋がっているのです。

しかし、回線を借りているためのデメリットもあります。大手キャリアも貴重な回線を無制限に使わせてはくれないため、借りている回線の容量は少なめです。

格安SIMの利用者が多くなると、通信の利用量も比例して増えていき、すぐに借りている容量の上限に達してしまいます。

格安SIM各社はさらに多くの回線の容量を借りようとしますが、そう簡単に一度決まった契約は動かせず、慢性的な通信速度の遅さを招いてしまうのです。

以上、格安SIMの通信速度が遅くなってしまいがちな理由の説明でした。こうした回線の問題の影響を受けにくい格安SIMがUQモバイルです。

UQモバイルはauのサブブランド、回線は当然auのものを優先的に使わせてもらえます。他の格安SIMの会社よりも、回線の使用に融通をきかせてもらえるため容量に余裕があり、通信速度も落ちにくくなっています。

大手キャリアと同等とはさすがに言えませんが、格安SIMの中では間違いなく速くて安定していると言えます。競合他社と比較した時、UQの強みは通信速度にあります。

UQはネットを多く使うユーザーの方におすすめです。

UQモバイルの通信速度まとめ